国土交通省重点道の駅 道の駅かつらぎ国土交通省重点道の駅|道の駅かつらぎ|奈良県葛城市太田1257

  1. ホーム
  2. 周辺観光スポット
館内メニュー 農産物直売所 フードコート 情報交流・木育棟

 

道の駅かつらぎ 周辺観光スポット

【二上山】(にじょうざん)

二上山は、雄岳(おだけ517m)と雌岳(めだけ474m)の二峰から成り、万葉集にも詠まれている山です。毎年多くの登山客が訪れ、絶好のハイキングコースになっており、雌岳からは奈良盆地と大阪平野を一望できます。毎年4月23日には、ふるさとの美化をかねて「岳(だけ)のぼり」が行われ、5箇所の登山口から頂上を目指して登ります。また石器に使われた讃岐岩(サヌカイト)の産地でもあり、かつては火山として活動していたと考えられています。


当麻寺駅から雄岳頂上まで徒歩約1時間30分から2時間程度

近鉄南大阪線二上神社口駅下車

【當麻寺】(たいまでら)

當麻寺は、612年に用明天皇の第3皇子麻呂子王が河内国に建てた万法蔵院に始まり、その後、麻呂子王の孫當麻真人国見が役行者ゆかりの現在地に移したものといわれます。境内には国宝指定の本堂(曼荼羅堂)東塔・西塔、国の重要文化財指定の金堂・講堂はじめ多くの貴重な文化財を伝えています。また塔頭寺院も 13を数え、倶利伽藍龍蒔絵経箱(国宝)中之坊庭園(名勝・史跡)など、それぞれに貴重な寺宝を数多く伝えています。


午前9時~午後5時
境内拝観無料
伽藍拝観500円(本堂/金堂/講堂)

近鉄南大阪線当麻寺駅より西へ徒歩約15分

【石光寺】(せっこうじ)

中将姫が當麻曼荼羅を織るための蓮糸を染めたとされる染の井(そめのい)という井戸があります。また牡丹の名所としても知られ、春牡丹(4月下旬~5月初旬)や寒牡丹の開花期(11月下旬~1月下旬)には、多くの花見客で賑わいます。与謝野鉄幹(よさのてっかん)晶子(あきこ)夫妻の文学碑が庭園内に建てられています。


午前9時~午後4時30分
大人(中学生以上)400円・小人200円

近鉄南大阪線二上神社口駅より徒歩約13分

【竹内街道】

大阪府堺市から東へ向かい、二上山の南麓・竹内峠を越えて、長尾神社付近に至る約26kmの街道で、推古天皇21年に開通した飛鳥の都と難波を結ぶ最古の官道です。松尾芭蕉が訪れた地として有名で、沿道の綿弓塚には芭蕉の歌碑が建立されています。また司馬遼太郎氏の母の実家が竹内にあったため、氏は幼少期をこの地で過ごしました。


葛城市長尾から竹内まで

近鉄南大阪線磐城駅から長尾神社まで徒歩3分そこから西に向かって進む道が竹内街道です。
道の駅かつらぎ 周辺観光スポット

【綿弓塚】(わたゆみづか)

松尾芭蕉(まつおばしょう)が門人・苗村千里(なえむらちり)の旧里である竹内に宿泊した時に詠んだ句を記念し、1809年に建てられた句碑です。句碑の建つ庭と近くの民家を整備して休憩所とし、芭蕉の資料や司馬遼太郎氏の色紙などが置かれています。芭蕉はさまざまな句を残し、中でも「綿弓や琵琶になぐさむ竹の奥」という俳句は有名です。


入場無料

近鉄南大阪線磐城駅より徒歩約20分
お車の場合→6台程度駐車可能

【當麻の家】

道の駅「當麻の家」では、地元農家のみなさんが一生懸命作った新鮮なお野菜や生花をたくさん販売しています。また、奈良のお土産や當麻の家のオリジナル加工品、麹の販売もございますので、ぜひご覧ください。独自ブランドの奈良県推奨米(ヒノヒカリ)も好評で、県外からのお客様も通われています。


午前9時~午後5時
火・水 定休日

近鉄南大阪線「當麻寺駅」から徒歩30分/近鉄南大阪線「二上神社口駅」から徒歩10分 ■ホームページはコチラから

【屋敷山公園】(やしきやまこうえん)

葛城山の麓にある総面積約58000平方メートルの総合史跡公園です。敷地内には屋敷山古墳、公民館、体育館、図書館、グラウンド等があり、文化・スポーツの活動拠点になっています。毎年5月には公園まつり、7月には納涼花火大会が行われ沢山の人が訪れます。国指定史跡の屋敷山古墳も敷地内にあります。

 


近鉄御所線新庄駅より徒歩20分

【相撲館「けはや座」

相撲の開祖『當麻蹶速』を顕彰する目的で平成2年の5月にオープンしました。館内には本場所と同サイズの土俵があり、自由に上がることができ、来館者に人気があります。また、所有資料も約12000点あり、特に書籍類、番付や星取表など充実しており学生のレポートや相撲愛好家によく利用されます。


午前10時~午後5時
毎週火曜日/水曜日
(国民の祝日は開館)
大人300円・小人150円

近鉄当麻寺駅から徒歩で5分